C++でJsonを使うための物の紹介

今日はC++でJsonを使ってみたいと思います。
実はcocos2d-xには標準でJsonを読み込むものがあるのですが今日はDirectXでも使えるpicojsonというものを紹介していきたいと思います。

まずJsonがなんなのかわからない人は先輩の過去の投稿をご覧ください。

http://www.trident-game.com/blog/2015/10/14/【輪講】jsonの書き方/#comment-3

まずpicojsonとはKazuhoという人がJsonを読み込むために書いたクラスです。
C++でJsonを使うならこれを使う人が多いらしい。

githubリンク:https://github.com/kazuho/picojson

使い方として解凍したフォルダーの中にあるpicojson.hを追加するだけ!

使い方はいたって簡単でjsonファイルをfstreamで読み込んでpicojsonに入れるだけです。

C++でがりがり書く人はこれを使っている人が多いので一度使ってみるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です