【輪講】SourceTreeの使い方

こんにちは。SourceTreeをインストールの仕方と簡単に操作の仕方を書いとこうと思います。

まずSourceTreeって?

バージョン管理ツールのひとつ。

Gitだとコマンド(黒い画面)で操作しないといけないけど「コマンド操作嫌い!見たくないよ!」という人、いいのありますよ。SourceTreeならGitがコマンドじゃなくてGUIで直感的に操作できるよ。

SourceTreeを使うメリット

  • グラフィカルでわかりやすい操作画面(コマンド使わなくてもできる)
  • Windows/Macで使えるのでプロジェクト内でツールが統一できる
  • 日本語対応している
  • Gitに対応している

ということでダウンロード・インストールをしよう。

↓このサイトに行けばダウンロードできるよ。

https://ja.atlassian.com/software/sourcetree

あとは、指示に従って進めていけばインストール完了だよ。途中でAtlassianのアカウント登録する ある人はログインしてね。Githubやbitbucketのアカウントの登録は一応スキップもできるよ。

操作の説明をする前にバージョン管理で使われる基本的な用語について。

バージョン管理で使われる基本的な用語

  • リポジトリ ... バージョン管理対象のファイル群を保管するサーバー上の枠のこと

  • クローン ... 修正作業を行うために、リポジトリからファイル群をローカルに持ってくること
  • コミット ... ファイル群の変更記録の単位/ローカルに修正内容を反映すること
  • プッシュ ... ローカルの修正内容をリポジトリに反映すること
  • プル ... リポジトリに加えられた修正内容をローカルに反映すること

この辺は最低限覚えておこう

ここから簡単な操作の説明に入るよ

<リポジトリを作成する>

1.+新規リポジトリをクリック

2.ローカルリポジトリを作成するを選択(ローカルでする場合)図1

3.リポジトリにするディレクトリのパスを指定し、名前をつけて作成をクリック図2

完成!!

git-sourcetree-install-06

<コミットする>

1.コミットするファイルにチェックを入れる

2.コメントを書く 書かなくてもコミットできるけど何を変更したのか後から見てわかるように

3.コミットをクリック

図7

4.コミット出来た!!

<ブランチを切る>

1.分岐したいコミットを選択

2.ブランチをクリック

図4

3.ブランチの名前をつけて作成をクリック

図5

4.ブランチが追加された!!

図6

こんな感じに簡単に使えるので制作のときに使ってみてね。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です