【輪講】Hansoftについて

プロジェクトのリーダーをする際、
必ずプロジェクトの管理や仕事の割り振り、スケジュールの管理が必要になってきます。

それらを可視化させるのが『Hansoft』です。

今回はこの『Hansoft』の導入から使い方を説明したいと思います。

まず、この『Hansoft』の優れている点について説明します。

『Hansoft』はゲーム開発者が自分達の開発を管理するために生み出されたツールです。
そのため、データベースの構造及びデータベースへのアクセス、
サーバーとクライアント間の通信について、速度とセキュリティを特に重視されています。

1.操作が軽い→ストレスフリー
『Hansoft』の操作は軽快で、かつCPUへの負荷も軽く、常時起動しても開発マシンへの目立った影響がない。

2.導入が速い→学習コストを考慮しなくてもよい
Windowsでも、OSXでも、Linuxでも、サーバーやクライアントのインストールはワンクリックで済みます。
直観的なインターフェースで、自分のやりたいことをすぐ開始出来ます。

3.複数の開発方法を併用する開発をサポート→1つのツールでプロジェクト全体を管理出来る
例えば、以下のような1つのプロジェクトに複数の開発手法が混在する場合であっても、
『Hansoft』だけでプロジェクト管理が出来ます。

・組み込み開発:ソフトウェア開発チームはアジャイル的に開発する一方、ハードウェア開発チームはガントチャートを利用している。
・ゲーム開発:ソフトウェア開発チームが反復で開発しつつ、デザインチームはカンバン方式で開発する。

『Hansoft』はアジャイル開発プロジェクト管理をサポートすることはもちろん、従来のガントチャートを用いたプロジェクト管理にも対応出来ます。

4.多言語対応→多国間の共同開発をサポートする
ユーザーは自分の好みによって、インターフェースを英語、日本語、中国語の中から選ぶ事が出来る。

以上がHansoftの基本的な機能と特長です。

実際に私が調べた使い方をご紹介します!

まずはHansoftのインストールと設定です。

今回の説明はWindowsOSにおいての説明となります。

まずは、

Downloads


でソフトをダウンロードします。

rinkou1

Hansoftは9名まで無料で使用出来ます。
作業をするパソコンをサーバーにする場合、サーバーとクライアントを一緒にダウンロードできる
「All-in-One Small Team Edition」の「Installer for Windows」をクリックしてダウンロードして下さい。

但し、この場合ホストの人のパソコンの電源を落としてしまうと他の人も使えなくなってしまうので微妙です。

常時起動出来るサーバー用パソコンをサーバーとして使用しましょう。
その場合、「Server」の「Installer for Windows」をクリックしてダウンロードして下さい。

その他ホストにならない方は、「Client」の「Installer for Windows」をクリックしてダウンロードして下さい。

今回は「All-in-One Small Team Edition」についての説明を行います。
ダウンロードした「Hansoft Trial 9.1047.exe」ファイルを起動します。

ドロップダウンを「日本語」→OK→次へ→同意する
→ホストとなるPCを使ってる方はドロップダウンを「すべて」
他の方は「クライアントのみ」にし次へ→次へ→インストール→インストール完了後自動的にHansoftが起動されます。

この自動的に起動されるソフトはクライアント側ですので、
まずはそっと閉じましょう。

スタートからすべてのプログラム→Hansoft→Hansoftサーバー管理を起動します。

無題2

サーバー管理のほうはサーバー管理者と書いてあります。

Hansoftサーバーにホストとなるコンピューター名を入れます。
(学校で使うならPCに貼ってあるシールの名前を入力して下さい。)

ポートに関しては最初から入力されている「50256」のままで大丈夫です。

接続→このサーバーを信頼しますをクリックします。
管理者パスワードを聞かれるので「hpmadm」を入力しサインインします。

無題

無事サインイン出来ると上の写真の画面が出てきます。
画面を見てもらうと分かりますが、新しいデータベースを作成出来たり、
データベースの削除を行えたりとサーバー関連の処理はここで行います。

次にクライアントを起動します。
スタートからすべてのプログラム→Hansoft→Hansoftクライアント

サーバーと同様にHansoftサーバーを入力し、ポートはそのままで接続します。

ユーザー名とパスワードを聞かれますが、
まだユーザーを作成していないので管理者としてサインインします。

ユーザー名「administrator」パスワード「hpmadm」と入力しサインインします。

無題1

サインイン出来ると上の写真の画面が出てきます。
まずは他の人がサインイン出来るようにユーザーを作成していきましょう。

ちなみにですが、先程説明した通り「All-in-One Small Team Edition」を使用すると、
9名までしかユーザーを作成出来ません。

さらに最初から3名作られていますので、必ず削除して下さい。

無題3

削除したら「新規ユーザーを作成」をクリックし、新しくユーザーを登録していきます。

無題4

「名前」は本人の名前を入力すると他の人が分かりやすくなります。
これがそのままサインインする際のユーザー名となります。

パスワードは全員まずは簡単なもので一緒にしておきます。
セキュリティ部分で「ユーザーは次回ログインの際にパスワードを変える必要があります」にチェックを入れましょう。

あとは各チームごとにルール決めをしてチェックを入れて下さい。

無題5

ユーザーグループは私達のチームではProjectSEEKER、プランナー、プログラマー、デザイナーで分けて各ユーザーに設定しています。

ユーザー登録が終わったらクライアントをダウンロードしたプロジェクトメンバーもサインイン出来るようになります。

ここからプロジェクトの管理の仕方になりますが、まだ使い方を全て把握出来ているわけではないので分かっている部分だけ説明します。

まずはプロジェクトの作成を行います。

無題ww

まずは上の写真の1番、先程はユーザータブでしたが今度はプロジェクトタブに変更します。
変更したら2番、新規プロジェクトの作成をクリックします。

無題aaa

まずはプロジェクト名を入れます。
Projectゲームタイトル みたいな名前にするといいと思います。

新規ユーザー向け標準モードを今回はアジャイルを使用にチェックします。

メソッドテンプレートをスクラム、スケジューリングメソッドを「固定期間」メソッドを使用(推奨)を選びます。

タスク完了メソッドは予定タスクの完了表示にステータスカラムのみを使用にチェックをします。

全て設定し終わったらOKをクリックします。

ユーザーを追加するか聞かれるのでプロジェクトメンバー全員を入れましょう。

ユーザーグループを追加すると手っ取り早いです。

無題222

プロジェクトが作成されるとメインマネージャー部分で「メインマネージャーが選択されていません」と出ていますので、
ウィンドウ下部分でメインマネージャーを設定しましょう。

他にもメンバーの閲覧制限やプロジェクト履歴へアクセス可能かどうかの設定も出来ます。

無題3333

上の写真のプロジェクト:プロジェクト名を選ぶと、プロダクトバックログ、品質保証(QA)、プランニングタブが出てきます。

無題22222

無題444444

最終的にはこんな感じになってくると思います。
まだ使い方の勉強中ですので勉強しながら分かった部分をブログにあげていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です