C++コードをUE4で書いてみる。

お久しぶりです!!

最近うっかり更新するのを忘れていました。

今回はUnreal Engine4でC++のコードが書けると聞いたので、そのことについて、
書いていきます。

Unreal EngineではC++を」書く場合、手順があります。

まずはプロジェクトを作成します。(今回はSide Scrollerを使用)

プロジェクトを作ったら、UnrealEditorのメニューから「New C++ Class…」
を選択します。

無題

すると親クラスの選択が来ます。

無題

ここでの選択の種類は豊富で様々なclassが作れます。

例) キャラクター、カメラマネージャー、HUD、Actor など・・・

今回はキャラクターを選択します。

「Next」押してクラス名を決定すると、クラスのソースコードが作成され、
コンテンツブラウザ上にも「C++ Class」のフォルダが作成されます。

その中にあるのは自分が作成したクラスと、GameMode、
そして親クラスと関連のあるプロジェクトに元からあるクラスがフォルダ内にあります。

無題

自分が作成したクラスをクリックするとVisual Studioが開きます。

無題

そこにはブループリントでよく見る「BeginPlay」と「Tick」があります。

「Tick」に、

FVector fvector = GetActorLocation();
AddMovementInput(FVector(0.f, fvector.Y++, 0.f));

を書くと、キャラクターが前進します。

後はUnreal Engine4上で自作のClassを画面にドラッグ&ドロップをしてMeshとアニメーションをつけたら動かすことができます。

*注意*
処理をUnreal Engine4上に反映させたい場合は必ずVisual Studio上で
ビルドしないと反映されません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です