スタート地点を設置する

ゲームが始まるとき、プレイヤーキャラが出発する地点を設定できなければ、マップのデザインを始めることはできません。
UE4では「プレイヤースタート」と呼ばれる、特殊なアクタをマップ上に配置して、スタート地点を設定します。

1.先ほど「ボックス」ブラシを置いた時と同じ要領で、「モード」パネルの「基本」>「プレイヤースタート」をビューポートにドラッグ&ドロップします。
2.さらに、移動ツールを使い、このアクタを土台の真ん中あたりまで移動させます。
3.ゲームをテストプレイしてみましょう。「プレイ」ボタンの右脇にある「▼」ボタンをクリックし、サブメニューから「新規エディタウィンドウ」を選択します。
4.床の真ん中からゲームが始まっていれば配置は成功です。「ESC」キーを押して、ゲームのテストプレイを終了してください。

制作するマップを計画する

ここまでの作業で、足場を作り、視界を確保し、ゲームのスタート地点を追加することができました。ここからは、どういうマップを作っていくかを考え、短い期間でそれを組み立てて、ゲームを動かして試行錯誤する、苦しいながらも楽しい時間が始まります。

プレイヤーはスタート地点にいて、ゴールは目につくところにありますが、実際には一段うえにあるため、すぐにたどり着くことはできません。
壁を潜れるトンネルがあることに気づけば、上の段に上るためのスロープを上ってゴールにたどりつけるという、「ステージ1らしい簡単なマップです」

とてもシンプルなマップですが、短い期間で完成させることができ、BSPブラシの基本的な使い方を理解することもできます。
3つのブラシを使い、壁を床の上に配置しましょう。

1.移動ツールを使って、「プレイヤースタート」を移動させます。
2.「モード」パネルから、「BSP」>「ボックス」をドラッグ&ドロップし、このボックスに名前を付けます。
3.作成したボックスをのサイズ変更し位置にあった大きさに変えます。
4.配置したボックスを複製移動させるなどをして床に壁を配置して、位置にあった大きさに変えます。
5.3つ目のボックスを追加してスロープを追加していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です