開発備忘録【Unreal Engine 4 編】 Part 0


                 ≪ 目次 ≫          ≪ 次のPart ≫


おはこんばんちわ。大原です。
では、さっそくUnreal Engine 4(以下『UE4』)について書いていきたいところですがUE4を準備しないと始まりません。
なので今回は『インストール方法』『環境設定』について書きます。



▼ インストール方法と環境設定 ▼



『インストール方法』


  1. UE4公式サイトを開いて右上のダウンロードをクリックします。
  2. 以下のページに切り替わったらファーストネーム(名)ラストネーム(姓)
    ディスプレイネーム(ニックネーム)メールアドレスパスワードを入力、
    利用規約同意にチェックを入れ、サインアップをクリックします。
    ue4_account
  3. [UnrealEngine4]と書かれたパネルの[ダウンロード]をクリックしてMSIファイルを
    ダウンロードします。
  4. MSIファイルを実行して、プログラムをインストールするフォルダ選択しインストール
    します。
  5. インストールが完了するとデスクトップにEpic Games Lancherのショートカットアイコンが作成されるのでダブルクリックして、ランチャーを起動します。
      ue4_lancher_icon
      以下のようなダイアログが出るのでメールアドレスパスワードを入力してサインインをクリックするとランチャーウィンドウが開きます。
    また、[記憶させますか?]にチェックを入れておけば以降の起動時では省略できます。
     ue4_lancher_dialog
  6. 初回起動時にはUE4本体はまだインストールされていません。
    なので[UnrealEngine]タブをクリックして開き、[ライブラリ]を選択、[スロットの追加]をクリックしてUE4のバージョンを追加し[インストール]をクリックします。インストールが完了すると起動ボタンに変わり、起動できるようになります。

『環境設定』

一部ローカライズ化が終わっているのでプロジェクト作成、起動後使用する言語を変更する事ができます。変更方法は以下のようになります。


  1. メニューバーで[編集]->[エディタの環境変数]
  2. 左のメニューバーから[地域&言語]を選択
  3. [Internationalization]->[言語]を使用したい言語に変更
  4. UE4を終了して再起動して設定完了


では、今回はこれで終わります。
次回から書籍のサンプルを参考にして作成していきます。




                 ≪ 目次 ≫          ≪ 次のPart ≫


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です