Unityでインスペクタにprivate変数&独自クラスを表示する

Unutyのスクリプトでオブジェクトの速度など設計中によく変わる値を設定するときよく使う方法にpublic変数にしてインスペクタから値を設定する方法があります。
SnapCrab_NoName_2015-7-27_16-29-17_No-00

ただ、この方法だと他のクラスからも変数が操作できてしまうので怖い・・・。
というわけで、privateな変数をインスペクタに表示する方法がこちら。

[SerializeField]
private float rotateSpeed = 0.1f;

SerializeFieldをprivate変数を宣言する前に書いてやれば解決!

独自クラスをインスペクタに表示する方法はこちら。

using UnityEngine;
using System.Collections;
using System;

[Serializable]
public class Enemy
{
    [SerializeField]
    private int hp;
}


public class Rotate : MonoBehaviour {

    [SerializeField]
    private float rotateSpeed = 0.1f;

    [SerializeField]
    private Enemy enemy;
}

Serializableをクラスの定義の前に書いてやればOK!「using System」を忘れないようにしましょう。
こんな感じに表示されます。

SnapCrab_NoName_2015-7-27_17-10-5_No-00

これでいろいろ幅が広がった気がする!・・・のでゲーム制作頑張ります。

Symfonyとデータベース(Doctrine)

Symfonyとデータベース

今回はSymfonyとデータベース接続についてまとめたいと思います。
が、どうやらSymfonyには”Doctrine”というデータベース関係の処理を簡単に行うことができるライブラリを統合しており、公式でも”Doctrine”を使うことを推奨しているようなのでまずはこのライブラリについてまとめたいと思います。

Doctrineって何ぞや?

ではまず、Doctrineを一言で説明したいと思います。
Doctrineとは、PHPアプリケーション開発をするために役立つORM(オブジェクト・リレーショナル・マッピング)ツールです。
はい、ここで既にわからない単語が出てきました。ORMってなんでしょう?

続きを読む

【輪講】多分余り使わない言語の機能【C#を使って】

今回はC#を使ってよく知る言語のあまり使われない機能というものを紹介していきたいと思います

1つ目:ほとんどの言語が日本語を変数にできる
この機能の利点
・可読性が高い
・チーム製作の時でも意味が分かりやすい
・英語が苦手でも大丈夫
・日本語をローマ字で書かなくても良い
・コメントの量が減る
・変数を見れば何をしたいのかおおよそ掴める

欠点
・日本語のわからない人には伝わらない
・切り替えが面倒
・オープンソースにしにくい

使いどころ
・「こういうことをしたい」「こんなことできるの?」という時のサンプルコードを作る時
・自分で使うツールなどの開発

自分で使ってみた感想
・日本語での記述でやってみると、分かりやすいが、文字の変更がめんどくさい
・日本語の変数は候補を出すのがめんどくさい